千葉の車手続き(車庫証明取得・名義変更手続き)なら、MAC行政書士事務所へ。迅速、安心手続き。

HOME » 車庫証明取得手続 » 車庫証明申請書の書き方

車庫証明申請書の書き方

自動車保管場所証明申請書と保管場所標章申請書は記入する内容が同じで、それぞれ2通作成します。

車名と形式

車検証の2段目にあるものを記入します。

車名はカローラやマーチなどの通称名ではなく、トヨタ、日産などの会社名になります。

型式は乗用車であればEーで始まるものです。

 

車台番号と自動車の大きさ

車検証の3段目と同じです。

車台番号は長いので数字の写し間違いに注意します。

自動車の大きさは長さ、幅、高さをセンチメートルで記入します。

 

自動車の使用の本拠の位置

ここには住所を記入します。

 

自動車の使用の本拠の位置

その車を駐車する場所の住所を記入します。

自宅に駐車場所がある場合には自宅住所、自宅以外に駐車場がある場合にはその駐車場の住所を記入します。

 

警察署長殿の欄

個人名ではなく、自分の住所地の警察署の名称です。

申請にいった警察署でゴム印を押してくれるのが一般的なので名称が分からない場合には記入しなくても大丈夫です。

 

その他の欄

申請にいった日付、申請者の郵便番号、住所、電話番号、名前を記入します。

名前の後ろには三文判を押します。

申請者本人の場合に押印を署名にすることも出来ます。

手数料(千葉県の場合)

自動車保管場所証明申請手数料 …… 2,200円
自動車保管場所標章交付手数料 …… 550円

お問い合わせはこちら

MAC行政書士事務所
代表 行政書士 藤原 文(東京都行政書士会 第11080655号)
〒103-0026 東京都中央区日本橋兜町9-5-717
TEL 03-5643-7225  (9時~20時まで受付)
FAX 03-5643-7224
Email info@car-chiba.com (24時間受付)
営業時間 9時~20時 休日 日曜・祝祭日

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab