千葉の車手続き(車庫証明取得・名義変更手続き)なら、MAC行政書士事務所へ。迅速、安心手続き。

HOME » 車庫証明取得手続

車庫証明取得手続

車庫証明取得手続きに関する基礎知識の解説とサービス案内

軽自動車の車庫証明必要地域

軽自動車の場合は乗用車などの登録車と異なり、ナンバーが交付されたあとに管轄する警察署へ行き届け出をすればよいことになっています。
また軽自動車は届け出自体を不要とする地域が多いのも特徴です。
逆に必要となる地域は、東京23区と大阪市内、東京と大阪の中心から30Km圏内の市、県庁所在地の市、人口10万人以上の市となります。

 

北海道 旭川市、江別市、小樽市、帯広市、北見市、釧路市、札幌市、苫小牧市、函館市、室蘭市
青森県 青森市、八戸市、弘前市
岩手県 盛岡市
秋田県 秋田市
宮城県 石巻市、仙台市
山形県 酒田市、鶴岡市、山形市
福島県 会津若松市、いわき市、郡山市、福島市
茨城県 つくば市、土浦市、日立市、ひたちなか市、水戸市
栃木県 足利市、宇都宮市、小山市
群馬県 前橋市、高崎市、伊勢崎市、太田市、桐生市
東京都 特別区、八王子市、立川市、武蔵野市、三鷹市、府中市、調布市、町田市、小金井市、小平市、日野市、東村山市、国分寺市、国立市、狛江市、東大和市、清瀬市、東久留米市、多摩市、稲城市、西東京市、青梅市、昭島市
神奈川県
横浜市、川崎市、横須賀市、藤沢市、相模原市、茅ヶ崎市、平塚市、小田原市、厚木市、大和市、鎌倉市、秦野市、海老名市、座間市
千葉県
千葉市、市川市、船橋市、松戸市、習志野市、柏市、市原市、流山市、八千代市、鎌ヶ谷市、浦安市、木更津市、野田市、佐倉市、我孫子市
埼玉県
さいたま市、川口市、川越市、所沢市、蕨市、戸田市、鳩ヶ谷市、三郷市、八潮市、草加市、越谷市、春日部市、和光市、朝霞市、志木市、新座市、富士見市、上福岡市、上尾市、熊谷市、深谷市、岩槻市、狭山市、入間市
新潟県
新潟市、 長岡市、上越市
富山県

富山市、高岡市

石川県
金沢市、小松市
福井県
福井市
静岡県
静岡市、浜松市、沼津市、富士市、旧清水市、三島市、富士宮市、焼津市、藤枝市
愛知県
名古屋市、豊橋市、岡崎市、一宮市、瀬戸市、半田市、春日井市、豊川市、刈谷市、豊田市、安城市、小牧市
岐阜県
岐阜市、大垣市、多治見市、各務原市
三重県 桑名市、四日市市、鈴鹿市、津市、松阪市、伊勢市
長野県 長野市、松本市、飯田市、上田市
山梨県 甲府市
京都府 京都市、長岡京市、宇治市
大阪府 大阪市、豊中市、池田市、吹田市、高槻市、守口市、枚方市、茨木市、八尾市、松原市、大東市、箕面市、柏原市、門真市、摂津市、高石市、交野市、岸和田市、泉大津市、寝屋川市、羽曳野市、藤井寺市、東大阪市、四条畷市、堺市、大阪狭山市、富田林市、和泉市、河内長野市
滋賀県 大津市、彦根市、草津市
兵庫県 神戸市、姫路市、尼崎市、西宮市、芦屋市、伊丹市、宝塚市、川西市、明石市、加古川市
奈良県 奈良市、大和高田市、橿原市、生駒市
和歌山県 和歌山市
岡山県 岡山市、倉敷市
広島県 呉市、東広島市、広島市、福山市
鳥取県 鳥取市、米子市
島根県 松江市
山口県 岩国市、宇部市、下関市、徳山市、防府市、山口市
香川県 高松市
徳島県 徳島市
愛媛県 今治市、新居浜市、松山市
高知県 高知市
福岡県 大牟田市、北九州市、久留米市、福岡市
佐賀県 佐賀市
長崎県 佐世保市、長崎市
大分県 大分市、別府市
宮崎県 延岡市、都城市、宮崎市
熊本県 熊本市、八代市
鹿児島県 鹿児島市
沖縄県 沖縄市、那覇市

証明書の受取

証明書は指定された日又はそれ以降に申請書を提出した窓口に受け取りに行きます。

 

保管場所標章交付申請書は手数料の収入印紙を貼って提出し、保管場所標章番号通知書・保管場所標章と交換します。

「自動車保管場所証明書」「自動車標章番号通知書」「保管場所標章」は登録の際に必要になります。

車庫証明が取れたら早めに登録の手続きをします。

 

なお、千葉県では、車庫証明書等を郵送により受け取ることも出来ます。

郵送による受け取りを希望する場合には、車庫証明申請手続き時に、地区交通安全協会に申し込みます。

警察から交付される自動車保管場所証明書(車庫証明書)、保管場所標章番号通知書、保管場所標章は、地区交通安全協会が申請者に代わって受領し、申請者が希望する送付先に地区交通安全協会から郵送されます。

申込みには郵送事務に係る手続料が必要となります。

車庫証明の申請

車庫証明の申請は自動車の保管場所の位置を管轄する警察署に必要書類をそろえて提出します。

このとき、自動車保管場所証明申請書に手数料分の収入証紙を購入して貼り付けます。

申請の受付時に、車庫証明の交付日が書いてある引換券が渡されます。

千葉県では、車庫証明書等を郵送により受け取ることも出来ます。

郵送による受け取りを希望する場合には、車庫証明申請手続き時に、地区交通安全協会に申し込みます。

警察から交付される自動車保管場所証明書(車庫証明書)、保管場所標章番号通知書、保管場所標章は、地区交通安全協会が申請者に代わって受領し、申請者が希望する送付先に地区交通安全協会から郵送されます。

申込みには郵送事務に係る手続料が必要となります。

保管場所が他人所有の土地・建物の場合

保管場所が他人所有の土地建物の場合

その駐車場所を借りるにあたっての契約書の写しもしくは保管場所使用承諾証明書が必要になります。

 

契約書の写しの要件

以下の要件を満たす契約書の写しが必要です。

要件を満たさない場合には保管場所使用承諾証明書が必要となる場合があります。

  1. 「保管場所の住所」が記載され、かつ、その住所と申請書の「自動車の保管場所の位置」が同一であること。
  2. 「貸し主の氏名(法人)」が記載されていること。
  3. 「借り主の氏名(法人)」が記載され、かつ、その氏名(法人)と申請書の「申請者氏名(法人)」が同一であること。
  4. 「契約期間」が記載され、申請日より1か月以上の期間であること。

 

保管場所使用承諾証明書

保管場所使用承諾証明書は「承諾書」とも呼ばれ、駐車場や借地の所有者、または管理を委託された不動産会社などが発行します。

保管場所の位置には、駐車場や借地の住所を記入します。

使用者欄には車を持つ人の郵便番号・住所・電話・名前を記入します。

使用期間は、勝手に書き込むと駐車場所有者が承諾してくれないケースもありますので注意しましょう。

下の欄は駐車場所有者に記入してもらいます。

証明した日付・駐車場所有者の郵便番号・住所・電話番号・名前を記入し、名前の後ろに三文判を押してもらいます。

駐車場の所有者が複数の場合には、全員の住所・名前と三文判が必要となりますので別紙を用意します。

また、賃貸駐車場によっては承諾書を発行するのに証明費用をとる場合や、「車庫証明は取れません」などという場合もありますので事前に確認しておきましょう。

 

都市基盤整備公団等の場合

都市基盤整備公団等に住んでいる場合には当該公法人が発行する確認証明書でも可能です。

保管場所が自己所有の土地・建物の場合

保管場所使用権原疎明書面

駐車場所が自分で所有している土地・建物であるときは保管場所使用権原疎明書面(自認書)を提出します。

 

保管場所使用権原疎明書面の書き方

車庫証明申請の場合には「証明申請」を○で囲みます。

土地・建物については自分が両方を所有しているときには土地・建物を○で囲み、土地あるいは建物のみを自分で所有しているときには所有している方を○で囲みます。

ちなみに「届出」とは賃貸駐車場の持ち主が事前に駐車場として警察署に届け出ておくものでこの届出により、他の車がその賃貸駐車場で車庫証明を取る時の手続きがスムーズになります。

 

警察署長殿の欄

個人名ではなく、自分の住所地の警察署の名称です。

申請にいった警察署でゴム印を押してくれるのが一般的なので名称が分からない場合には記入しなくても大丈夫です。

 

その他の欄

申請にいった日付、申請者の郵便番号、住所、電話番号、名前を記入します。

名前の後ろには三文判を押します。

 

私道でも車庫証明は取れる

私道でも車庫証明は取れますが、その場合、その私道を利用する居住者全員の承諾書が必要になります。

 

保管場所の土地・建物が共同所有の場合

共有者全員分の使用承諾書が必要になります。

所在図と配置図

所在図

所在図(見取り図)はそれを見て、その車の持ち主の自宅と自動車保管場所に行くことが出来るようにする書類です。

自宅と自動車保管場所への行き方と位置関係がわかりやすいように、方角や目標物を入れた地図を記入します。

自宅と駐車場所に分かりやすくしるしをつけて、「自宅」「保管場所」と書き、離れているときは両方の間と直線で結びおよその距離を記入します。

地図のコピーを添付することもできます。

 

 

配置図

車を置くスペースと道路からの出入りを確認する書類です。

1. 駐車場に入る道路と駐車場所の図を書きます。

賃貸駐車場など、複数の駐車スペースがある場合にはその全体を書き、どこがその自動車を置く場所なのかを明示します。

番号がついている場合にはその番号も書いておきます。

2. 道路の幅と駐車場所の縦・横の寸法も記入します。

3. 駐車場所にしるしをつけて「保管場所」と書き込みます。

車庫証明申請書の書き方

自動車保管場所証明申請書と保管場所標章申請書は記入する内容が同じで、それぞれ2通作成します。

車名と形式

車検証の2段目にあるものを記入します。

車名はカローラやマーチなどの通称名ではなく、トヨタ、日産などの会社名になります。

型式は乗用車であればEーで始まるものです。

 

車台番号と自動車の大きさ

車検証の3段目と同じです。

車台番号は長いので数字の写し間違いに注意します。

自動車の大きさは長さ、幅、高さをセンチメートルで記入します。

 

自動車の使用の本拠の位置

ここには住所を記入します。

 

自動車の使用の本拠の位置

その車を駐車する場所の住所を記入します。

自宅に駐車場所がある場合には自宅住所、自宅以外に駐車場がある場合にはその駐車場の住所を記入します。

 

警察署長殿の欄

個人名ではなく、自分の住所地の警察署の名称です。

申請にいった警察署でゴム印を押してくれるのが一般的なので名称が分からない場合には記入しなくても大丈夫です。

 

その他の欄

申請にいった日付、申請者の郵便番号、住所、電話番号、名前を記入します。

名前の後ろには三文判を押します。

申請者本人の場合に押印を署名にすることも出来ます。

手数料(千葉県の場合)

自動車保管場所証明申請手数料 …… 2,200円
自動車保管場所標章交付手数料 …… 550円

手続きに必要な書類

手続きに必要な書類

1. 自動車保管場所証明申請書

2. 保管場所標章交付申請書

3. 所在図・配置図

4. 保管場所使用権原疎明書面(自認書)・・・土地や建物が自己所有の場合

5. 保管場所使用承諾書か駐車場賃貸契約書・・・借地や賃貸駐車場の場合

6. 公法人が発行する確認証明書・・・公営団地などの場合

保管場所の要件

自宅と駐車場が同じ住所ならば理想ですが、実際には自宅から離れていることもあります。

自宅と駐車場があまりにも離れていると、駐車場に車を置かず、ついつい自宅付近の路上に駐車してしまう可能性があります。

そのため車庫証明は自宅から直線距離で2KM以内にないと出してもらえません。

駐車場はその車がおけるスペースがあり、道路からの出入りが出来ればきちんとした駐車場でなくてもかまいません。

車のスペースの目安は前後左右に50cmの余裕があれば理想ですが、車の乗り入れが出来て、駐車時に道路へのはみ出しがなく、建物の出入り口をふさがなければ車庫証明は出ると思っていいでしょう。

車庫証明が不要な地域(千葉県)

千葉県の場合、使用の本拠の位置が、「旧三芳村・長生村・旧蓮沼村」の地域内にある方は、車庫証明が不要です。

ただし保管場所が、「旧三芳村・長生村・旧蓮沼村」の地域内にあり、使用の本拠の位置が、「旧三芳村・長生村・旧蓮沼村」の地域外にある方は、車庫証明は必要となります。

お問い合わせはこちら

MAC行政書士事務所
代表 行政書士 藤原 文(東京都行政書士会 第11080655号)
〒103-0026 東京都中央区日本橋兜町9-5-717
TEL 03-5643-7225  (9時~20時まで受付)
FAX 03-5643-7224
Email info@car-chiba.com (24時間受付)
営業時間 9時~20時 休日 日曜・祝祭日

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab