千葉の車手続き(車庫証明取得・名義変更手続き)なら、MAC行政書士事務所へ。迅速、安心手続き。

HOME » ケース別自動車手続き

ケース別自動車手続き

様々なケースの自動車手続きを紹介します。

車のローンを払い終わったとき

車をローンで買ったとき

車をローンで買ったときは、「所有権留保者」と呼ばれ、買った人が使用者、ディーラーやローン会社が所有者になっています。

ローンの支払いが終わったら「所有権解除」の手続きをしてもらい、所有者の名義を変更します。

 

所有権解除に必要な書類

旧所有者の必要書類

  1. 申請書(OCRシート第1号)
  2. 手数料納付書(自動車検査登録印紙及び自動車審査証紙、または自動車登録印紙を添付)
  3. 自動車検査証 (車検の有効期限のあるもの)
  4. 印鑑証明書(発行後3ヶ月以内の旧所有者のもの)
  5. 譲渡証明書(新旧所有者を記入して旧所有者の実印を押印)※旧所有者に氏名・住所等の変更がある場合には変更の事実を証する書面が必要になります。
  6. 印鑑(所有者本人が直接申請するときは印鑑証明書の印鑑(実印)、代理人申請の場合は代理人は記名でよい)
  7. 委任状(代理人による申請を行う場合は旧所有者の実印を押印、本人が直接申請するときには不要)

新所有者の必要書類

  1. 新所有者の印鑑証明書(発行後3ヶ月以内)
  2. 新所有者の印鑑(所有者本人が直接申請するときは印鑑証明書の印鑑(実印)、代理人申請の場合は代理人は記名でよい)
  3. 新所有者の委任状(代理人による申請を行う場合は実印を押印、本人が直接申請するときには不要)

※使用者の住所変更がある場合を除いて車庫証明書は必要ありません。

引越しをしたときの手続き

引越しをした場合には変更登録

引越しをした場合には、変更登録(住所変更)の手続きが必要となります。

(所有者本人は変わらないので移転登録(名義変更)とはなりません。)

新しい住所がもとの駐車場所と直線距離で2Km以内で駐車場所を変更しない場合でも新たな車庫証明が必要となります。

住所変更は車の所有者が変わらないので印鑑は認印でよく、実印と印鑑証明書は必要ありません。

  

ナンバープレートが新しくなる場合

他の都道府県に引越した場合、同じ都道府県内でも陸運支局・自動車検車登録事務所(支所)が変わる場合にはナンバープレートが新しくなるので車を持っていかなくてはなりません。ナンバープレートは地域により異なりますが約2,000円です。

 

自賠責保険証の書き換え

自賠責保険証も住所変更します。自賠責保険証を新しい車検証を用意して加入している損害保険会社で手続きをします。

ナンバープレートが変わった時には古い車検証のコピーが必要になる場合があります。

お問い合わせはこちら

MAC行政書士事務所
代表 行政書士 藤原 文(東京都行政書士会 第11080655号)
〒103-0026 東京都中央区日本橋兜町9-5-717
TEL 03-5643-7225  (9時~20時まで受付)
FAX 03-5643-7224
Email info@car-chiba.com (24時間受付)
営業時間 9時~20時 休日 日曜・祝祭日

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab